結婚と社会

近年それぞれのライフスタイルが多様化する中、結婚に対する概念も変化してきた。21世紀に入り結婚年齢も遅くなっている。そのため自然と子どもの数も減り、少子高齢化に拍車がかかっている。子どものいない夫婦も多くなっているように思う。
これは社会のあり方も大きく影響している。以前は3世帯で住む家族も多く、両親が忙しくとも祖父母が孫の面倒を見る、近所のおじさんおばさんが気を配ってくれる。地域全体で子どもを見守る繋がりがあった。
しかし、近年核家族化、単身生活が増え、特に都心においては隣に誰が住んでいるのかもわからない。単身での生活は自分のリズムで好きなときに好きなことができるというメリットも多いが、いざ何かがあった時が大変だ。インターネットが普及し、顔を見ずとも簡単にどこでも繋がる手軽さの一方で身近な人たちとの繋がりが薄れている。結婚においても以前の「~でなければならない」「こうあるべきだ」という昔からの勝手な風習、常識も崩れてきている。
だからこそより自分らしい自由なライフスタイルが開放され始めている。この自由なスタイルの中で、本当に必要なもの大切なものは何かを見つめなおす時期なのではないか。結婚という儀式的なもの、個人個人がどう捉えていくのか。生涯のパートナーとは何なのか。それぞれの結婚という概念が多様化しているからこそパートナーとのコミュニケーションも大切になってくる。互いが相手の意見、考えを尊重し受け入れてより良い形にしていこうと努力することがよりよい時代を作ることに繋がる。
社会、国、というものの単体の組織はやはり家族なのである。家族のあり方が社会、国のあり方へと繋がる。

無料でライトに使えるSNS

高いお金を払って結婚相談所を利用する人や、知人経由でお見合いする人・・・婚活パーティに参加する人など・・・共通していえる事はなんか・・・重いですよね。本気で結婚活動中の人も考え中の人も自分の空き時間をほんの少し使ってみませんか?恋愛関係からの結婚する流れのを自分でとめるのは勿体ない!
中高年齢層の方から若い人まで多くの利用者がいる出会いコミュニティ!コミュニケーションからはじめれるからとてもライトな感じでのお付き合いができます。

このページの先頭へ